ストロボが爆発!?
記事 No.308

先日、出張先で撮影をしていたら、コメット CA-3200ジェネ( ストロボ電源部 )が壊れてしまった。
不具合の症状は、ストロボを発光させると「 バチッ! 」という爆竹のような大きな放電音がするのだ。

まだ撮影の途中だったので、撮影を中止して帰る訳にはいかない。
クライアント側も、この日の為に様々な準備をしてくれているので、たとえ突発的な機材の不具合であっても中止は有り得ない。
印刷の入校日を確認すると明日になっていて、本日撮影しないと間に合わない状況のようだ。(汗)

「 最悪な状況になったな。」と思った。
とっさに他の撮影法を考えたが、大型ストロボで 4灯使用の撮影だったので他の手法なんて思い付かない。
顔はクールに決めていたが、内心はハラハラドキドキだった。

いつ、内部のコンデンサーが爆発するか分からない状況でもあり、大きな危険を感じていた。
誰もが、悪い想像をしていたに違い無い。
試しに、もう一度ストロボを発光させてみた。
「 爆発しないでくれ! 」「 ストロボよ、発光しろ! 」と念じながらシャッターを押す...

幸い、「 バチッ! 」という大きな放電音はするが、ストロボ自体は発光するようだ。
だが、なんと!!

c0210599_242513.jpg

気が付くとストロボの周囲、半径 5m以内には私しか居なくなっていた。
( アシスタントを含む周囲の立会人は皆離れ、手で耳を押さえていた。。 )
大きな音を聞き付け、見物人も来る始末。

こんな状況であるにも関わらず、ストロボを発光させ続けるという選択技しか無かったのは辛い。
その後、撮影が終了するまで何とかストロボは発光し続けてくれて、無事に仕事を終える事が出来たのは奇跡に近い。
誰となく、拍手が湧き上がる。

俺は運がイイ男なのかもしれない。と感謝した一日だった。。

スタジオに帰ってから、コメット社ストロボクリニック( ストロボ修理部門 )に Netで修理予約し、修理期間中に使用する同機種の代替品を送付してもらう手続きを行ったのは言うまでも無い...
( 掲載写真は記事内容とは関連無し )





------------------当ブログ お勧め商品


※ 39medakaの お気に入りの商品をご紹介します☆

EPSON MAXART PX-5002 の価格を見る New!
( A2・半切用紙対応 / K3インク搭載 / 8色顔料インク / 自作トレイで DVDレーベル印刷も可能♪ )
ミラーレス一眼の撮り方BOOK New!
( E'CRAN所属の cabyさんが BOOKを出版。カメラ好き女子必見のフォトテクニックが満載です♪ )
新型 Wixey WR365 の価格を見る New!
( 0.1°分解能 デジタル水準器 / デットレベルが設定済み. / ディスプレイ可動式. / 単四電池x2本 )

猫タワーの価格を見る
( Mikeの使用しているタイプとは異なりますが、価格が手頃で大きさも丁度良い感じです. )
Canon オフカメラシューコード OC-E3の価格を見る
( カメラからスピードライトを離して使用する為の Canon純正のストロボ延長コード. )
The Winking Owl Deep River( 群馬県高崎市を拠点に活動している女性ボーカルロックバンド. )
IR 76フィルター の価格を見る ( 手軽に赤外線写真が撮影出来ます )
Wixey の価格を見る ( 0.1°分解能 デジタル角度計 )
LPL ツインシューブラケット L2493-1 ( BSR D-type を作るなら、これがお勧めです )
USB-MBM5 の価格を見る ( エレコム製 L型 USBケーブル )
LP1000 の価格を見る ( 目から鱗! ワニ型のユニークな電動チェーンソー )
油圧フロアジャッキ の価格を見る ( 素早くタイヤ交換が可能 )
BSG モーラタイプ M型
( クリップオンストロボに取り付けて使用するライティングヘッド。ただし生産希少品 )



[PR]
by 39medaka | 2012-09-03 02:39 | 機材
<< 結婚式場は " 感動... 体が 50円!(税込) >>