<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
タングステン電球って過去の照明機材なの?
記事 No.046

近頃、省エネが求められる時代、写真業界でもストロボ以外の照明機材がタングステン( フィラメント )電球から蛍光灯へと切り替わり始めた... と思いきや、最近では一気に LEDへ... と、以外に早くその軸足を移動させています。
という前置きをしたところで、先日の話です。

一連の撮影依頼のカットに、建物外観の夕景撮影が含まれていました。
被写体はホテルなので、ただ夕方の外観を撮影したのでは冷たいイメージになってしまいツマラナイ。
夕方のマジックタイムの時間帯にタングステン電球で照明をすれば、そのアンバーな色合いはホテルの温かい雰囲気や安堵感を表現できる写真になると思ったので、「 外観の夕景は電球で照明して撮影しましょうか。」という提案をしました。
ここまでは良くある話。

c0210599_1135132.jpg

考えてみたら、使えそうなタングステン電球がスタジオにはありません。(汗)
( 最近、撮影を手伝ってくれたデザイナーさんが誤って割ってしまったり、自分も落としたり... )
100W位の小さい電球が 2個くらいはあったと思いますが、トイレの照明ならいざ知らず、到底、建物の照明には使えません。
そこで、知り合いの何人かのカメラマン仲間に電話をするも、悉く全滅状態。
タングステン電球はバイメタル同様、手に入れるのが難しくなっていて、既に過去の照明器具になっているようです。

えっ!みなさん、タングステン電球ってもう撮影に使わないの??
というカルチャーショックにも似た疑問も解決しないまま、とりあえず電話でビックカメラ高崎店に問い合わせてみると、案の定、在庫はナシ...
メーカーによっては製造すら終了している模様。
まぁ、購入するにしてもその経費は請求できませんので、在庫があったにしても購入するかどうかは微妙ですが。(笑)

建物が大きいので、本来( 銀塩フィルム時代 )ならば大光量のタングステン電球( 又はハロゲン電球 )を幾つも用意して、明るい時間帯から万全の準備で撮影に望むところです。
しかし、地方のカメラマンはそこまでする予算など請求できる訳もなく、又、夕景の撮影時間帯直前まで宴会場の撮影をしなければならないというタイトなスケジュール。
満足な準備時間も無いまま、バタバタと撮影しなければなりません。
さて、どうしましょ...

c0210599_17302079.jpg

結局は普通の夕景撮影で、レタッチでタングステン照明効果を演出しちゃいました♪ というオチ。
( ↑ 上の写真、左側が撮影元画像で、センターと右側がレタッチ後の納品画像です。)
外部照明による照明ムラや不自然な影が全く無いという副産物は有り難いのですが、このレタッチ代は請求できるのか?
そこで考えた...
無造作にレタッチ後の画像を納品するよりも、↑ このような比較画像を兼ねた一体式の印刷用画像データを納品し、遠回しにレタッチの手間を訴える作戦。(笑)

地方のカメラマンは、レタッチ代金として、○○...円 請求します。といっても、それが当たり前に認めてもらえない地域性もあり、低予算で要求された仕事をこなさなければなりません。
デジタルになって、今回のような撮影は照明機材を用意しなくても短時間で撮影出来るようになり、クライアント様や代理店様には一見簡単そうに撮影をしているように見えるのでしょう。
実は撮影してからの Mac処理の方が時間も手間も掛かるという事実を理解してもらいたいものです。
というボヤキにも似たお話でした... オシマイ☆
[PR]
by 39medaka | 2010-01-25 01:24 | 機材
-1° と 使い込んだペーパー
記事 No.045

c0210599_2212536.jpg

撮影に出発してから気付いたのですが、今朝の前橋市の温度 -1° でした。
どうりで寒〰い訳だ。今年一番かも...

c0210599_22122129.jpg

この 2本のペーパー、長さが 2.7mありますが、クロスバー( インナーキャリア )のお陰でピッタリと収まります。
実は、新車購入時、このペーパーをディーラーに持ち込んで、積み込み可能かどうかを確かめてから買ったので当たり前ですけど。

ところで、かなり使い込んでるでしょ。このペーパー。
多少の汚れや傷は、レタッチで綺麗に修正できますので消耗品の寿命も延びているんです。
保護ビニール?
そんなのは、とうの昔にボロボロになったので捨てました。
ここまで使うのは、セコい?
いいえ、エコい。のです。(笑)

東京のカメラマンは、消耗品の代金を撮影代とは別請求できるって本当ですか?...
[PR]
by 39medaka | 2010-01-15 22:51 | 機材
デジロモ写真
記事 No.044

c0210599_22501517.jpg

愛犬チャッピーのお散歩写真からデジロモを作ってみました。
被写体は、群馬県庁とマイカーです。

【 デジロモとは 】 デジタルカメラで撮影した写真を画像処理により銀塩フィルムで撮影したように見せるデジタルアート写真。

※ 最近、不定期ですが深夜に exciteチャットルームに出没してます。ルーム名は「デジロモ」です。
ただし、「デジロモ」のキーワードを登録していないと入室できないようにしてあります。
かなり限定的だと思うのですが、私と直接お話ししたい方の入室をお待ちしています。
デジロモに限らず、MicroSync、BSG、写真関連のお話でもしましょ...
( 不在の場合でも足跡残してね。 )



◆ 2010-12-11 追記

nanbutayaさんのコメント " ユーミンのNO SIDE思い出しました。 " にお答えして... ↓



[PR]
by 39medaka | 2010-01-10 23:01 | デジロモ
走り出したら止まらない!
記事 No.043

カムコーダを仕込んだヘルメット・カメラの映像は、ローアングルで高画質、ロードノイズが少ないのも優秀。
一般道での走行は危険です。よい子は絶対に真似しないでください!
途中、リアルな叫び声が笑えます...


210
[PR]
by 39medaka | 2010-01-09 05:05
影ピカーン!
記事 No.042

c0210599_15464258.jpg

今日は早朝から建物の撮影でした...
天候は晴れたのは良いのですが、ピーカンはカメラマン泣かせ。
どうしても輝度差が大きくなってしまう嫌な光です。飛ばさず潰さずの Mac処理は面倒ですよね。

写真は帰りに見つけた公園のオブジェ。
地面からニョキニョキッと生えた如雨露みたいな不思議な金属にクッキリと影が...
ピーカンだから偶然発見できた被写体です。

( 注: 色味はデジタル調色しています。)
.
[PR]
by 39medaka | 2010-01-07 17:00 | プライベート
初詣
記事 No.041

先日、夫婦で前橋厄除大師に初詣に行った時の事です...

c0210599_595086.jpg

c0210599_5102421.jpg

この猫ちゃん、堂々と参道のド真ん中に陣取り、そして鋭い眼光で何かを睨んでいます。
通りすがる人々が頭を撫でても、その凛とする姿勢に一切の乱れはありません。
まるで、悟りの境地に達したお坊さんのようでした...

場所が場所だけに、神様が猫ちゃんの体に宿っているか、お正月でお酒の飲み過ぎなのか、何かこの猫ちゃんから得も言われぬオーラを感じました...(汗)
確か、TVでスピリチュアルの江原さんが「 参道の真ん中は神様の通り道です 」とか何とか言ってましたよね。

□ 追伸:
STUDIO BENへ沢山の年賀状を有り難う御座いました。
今年は年賀状を制作しませんでしたので、この場を借りてお礼を申し上げます。
有り難う御座いました!
そのうちオリジナル・ポストカードを制作しますので、それを送付させていただきます。
忘れた頃にお手元に届くと思いますが、本年も宜しくお願い致しますデス。

.
[PR]
by 39medaka | 2010-01-06 05:18 | プライベート
STUDIO BEN - New blog -
記事 No.040

c0210599_0193228.jpg

2010年 元旦
今年はどんなオリジナル商品が企画・開発されるのか?
( 既に新商品開発進行中... )
ほな、今年もヨロシク!
[PR]
by 39medaka | 2010-01-01 00:00 | ブログ関連