<   2010年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
軽井沢へお仕事...
記事 No.136

c0210599_15195129.jpg

昨日の早朝、軽井沢に入った時はこんな天気。

c0210599_18314460.jpg

でも日中は晴れました...
流石に直射日光は暑いですが、湿度は低い。
爽やかな風を感じながらの、木陰で食べる小龍包の肉汁で溺れそうになる。

c0210599_18431582.jpg

朝早かったので、お腹が一杯になったら ちょっこし眠くなる。
流石に、アシスタントの膝枕で寝たりはしないけど、周囲はラブラブなカップルが多かった...
みんな最後の夏を楽しんでいる。
 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-27 19:05 | 道草写真
真夏の怪奇現象。車の断熱材が...
記事 No.135


c0210599_23162682.jpg

きっと直射日光から愛車を守る為に考えた策でしょう...
西川か、フランスのマットでしょうね。
Wサイズ? それともキングかな?

あれ? どうやって固定してるんだろう...
ロープが見えないね。
カーブでスピード落とさずにマットが落ちたりして ☆
 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-25 01:57 | プライベート
真夏の恐怖シリーズ。空が割れた...
記事 No.134

c0210599_12495429.jpg

群馬はまだ真夏です。
暑い! (汗)
 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-23 13:00 | プライベート
真夏の恐怖写真... 実写です!
記事 No.133

恐ろしいっす...

c0210599_17112853.jpg

 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-20 17:30 | プライベート
真夏の怪談話... 実話です!
記事 No.132

c0210599_15182794.jpg

アパートに、鉄の外怪談階段がありましたとさ...
 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-19 15:24 | プライベート作品
赤外線写真をベースにした習作
記事 No.131

とりあえず、こんなん出来上がりましたなう。

c0210599_15274626.jpg

作品の出来はともかく、本当は赤外線を短時間で露光して、ブナの葉っぱをビシッと止めた画像を使いたかった。
雲の流れや粒子の荒れも、私的には長時間露光による弊害に思えてしまうのである。

いよいよ、未知の領域に着手する時期も、そう遠くない気がする...
 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-17 16:15 | 機材
只今、紫外線露光中...
記事 No.130

c0210599_4162038.jpg

勘違いなさらないでください。
↑ このカメラは、只今 赤外線写真を撮影しているところです。
( この時に撮影した可視光写真は、記事 No.126 に掲載しています )

この日は日射しが強かったので日傘をさしならが長時間露光で赤外線写真を撮影していたのですが、傘の色が白過ぎたのか、紫外線は傘を通過して腕などが日焼けしてしまいました。

つまり、カメラは赤外線を露光してますが、その間、対策空しく紫外線は腕に露光中だったという事です... (汗)
 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-15 05:07 | 機材
時速 100Kmの風圧に耐える
記事 No.129

c0210599_2429100.jpg

こいつ、耳無いやん...


c0210599_1661754.jpg

 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-13 02:56 | プライベート
デジ赤外線写真 最新事情!
記事 No.128

● 8/12 デジ赤外線写真 の真相をバッサリ暴かれました! お見事☆ → More... へ追記しました。

最近のデジカメで赤外線写真を撮影しようとすると、あまり好条件で撮影できるとは限らない。
ご存知のように、デジカメでは CMOSセンサー前面に赤外線をカットするガラスやコーティング層があり、旧機種よりも新機種の方が赤外線カットの性能が向上している為だ。

それでも、全く赤外線がカットされている訳では無いので、その僅かに漏れてくる赤外線を長時間露光により蓄積されたエネルギーで細々と撮影する事になるのだが、私はその諸問題に真っ向から立ち向かい、解決する手段を発見した。

具体的には、5D Mark II で可視光写真を撮影する要領で赤外線写真を撮影する手段を手に入れた。といえば分かり易いだろう。
この撮影法では、赤外線撮影時もファインダー像は普通に見えて、長時間露光の必要も無い。
これからは、赤外線写真がより手軽に撮影できるようになる。
では、その画像をご覧いただきたい...

c0210599_0115555.jpg

あなたは、この画像を見てどう感じるだろうか...
 

More...
[PR]
by 39medaka | 2010-08-11 00:43 | 機材
疑似 Kodak エアロクローム インフラレッド 2443
記事 No.127

" 2443 " という Kodak社の特殊なカラー赤外線フィルムは、地表面の物体からの赤外線量の反射や放射されるスペクトルの特性を捉え、自然界の現象を把握する為に設計されたという特別なフィルムである事は ほとんど知られていない。

今回は その " 2443 " を、デジカメの赤外線写真を利用して、一体どこまで忠実に再現する事ができるのだろうか。という全く無意味に思える難題に挑戦してみた。

では画像をご覧ください...

c0210599_2282867.jpg

おそらく、赤外線写真に興味のある方でもこの画像に反応する人は、若干一名を除いて、誰も居ないと思うのだが...
( 正直、私もこの画像がどこまで " 2443 " を忠実にトレースしているかは自信が無い。)

↓ 下の可視光写真と比較すると、同じ樹木の緑色に見える部分でも、" 2443 " では樹種によって赤色の成分が違って発色している事が分かるだろうか。

c0210599_264471.jpg

昔?は、このフィルムを使って様々な環境調査( 大気汚染 / 水汚染 / 植生 / 都市の緑被 / 植物の活力 / 土壌 等の各調査 )に利用されていたという事です。

だから何なの? という疑問は、今更考えないでください...
 
[PR]
by 39medaka | 2010-08-10 02:35 | 機材