BSG モーラタイプ M型 Nikon用 対策案決定!
記事 No.196

BSG インターフェース部の Nikon SB-900用を製作するのは今回が初めてなので、完成はしたものの検証がまだなので納品が出来ませんでした。
他のカメラマンからもご注文のお問い合わせをいただいていたので、実機をお客様に送っていただき、時間を掛けて検証していたのですが、この度、その検証結果が出ましたのでご報告したいと思います。

c0210599_23573473.jpg
↑ 写真は BSG モーラタイプ M型を 2灯使用して撮影しています.

STO-FEN製 オムニバウンスですが、Canon 550EX, 560EX, 560EX II 用と違って、Nikon SB-900用の オムニバウンスは素材が違うようです。
( Nikon SB-900用は固い材料で作られています。)
しかし、Nikon純正品の SW-13Hは耐久性の面で不安があるので、STO-FEN製を使いたいところですが、Canon用よりも若干固定が緩い事が判明しました。

新品時はまだ問題無いと思いますが、長くお使いいただいた場合に摩耗が原因による抜け落ち事故が発生するのではないか。という不安があります。
なので、何らかの対策が必要という結論に達しました。
( 自分で使うのなら対策無しでも大丈夫だと思うのですが、販売となると慎重になります... )

そこで考えた対策案が写真のようなフックを、両サイドに取付ける方法です。
ちょっとカッコ悪いかもしれませんが、固定に不安がある場合に、ここに付属のゴムリングを引っ掛けて抜け落ち防止に役立ててください。という訳です。
いかがでしょう...

これを納品待ちのお客様にご提案し、OKをいただけたら晴れて納品となりますが、さてどうなるか...

c0210599_23522675.jpg

← ゴムの結び目にも、ちょっとした拘りがあります... (笑)
  ストロボ本体にキズを付けず、外見もスマート。
c0210599_2592810.jpg
1月 9日 追記...
無事、発注者のご了解がいただけましたので、本日午前中に納品完了となりました。
有り難うございました!

今後、Nikon SB-900用の BSGをご注文いただく場合、このようなサイドフックの付いたインターフェース部になりますのでご了承ください。


3月 5日 追記...
抜け落ち防止対策として、付属の ゴム形状を変更しました。取付けは簡単です。
( このゴムは各ストロボ共通仕様ですが、580 EX , 580 EX II , 550 EX では、ゴムを取付けなくても抜け落ちる心配はありません。)
c0210599_23514023.jpg

 
[PR]
by 39medaka | 2011-01-07 19:25 | 機材 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< BSG モーラタイプ M型 N... Web年賀状 2011.01.01 >>