BSR-SH型( デジタル水準器 )試作品進歩状況-01
記事 No.386

◎ ハンドメイドのオリジナル機材 " Ben shop " の情報です。
興味の無い方にとっては退屈な内容なので、本来は「 ファン限定記事 」にすべきなんでしょうが…
とりあえず今回は一般公開の記事とします。
次回( 試作品進歩状況-02 )はファン限定記事にしますので、興味のある方はファン申請をお願いします。
お手数をお掛けしてスミマセンが、申請しなければ この続きは見られませんので、あらかじめご了承ください。



------------------





BSG-SH型( クリップオン用 発光ヘッド )と間違っては困ります。ちょっと紛らわしいですよね。
今度の新型 BSR( デジタル水準器 )の名称も SH型となっております。
どうして SH型と命名されてしまったのでしょうか?
BSGと BSRは良く似た名前ですが、更に同じ SH型となると増々混同してしまい、混乱が予想されますね。(汗)

「 BSR-SH型 」命名の理由は いずれ分かる事ですから、ここでの詳しい説明は割愛させていただきます…

c0210599_2143652.jpg


去年の9月に、BSRのカスタマイズのご要望をいただいており、その設計がようやく完成。
この程、試作品の製作を開始致しました。
( 本業に影響が無いように、プライベートな時間を使って設計、製作を行いますので、どうしても時間が掛ってしまいます。)

新型を設計している間に、何人かの方から BSR購入についてのお問い合わせがあったのですが、私としては新型の BSRの設計に着手しておりましたので、それを公開する前に既存の BSRを販売しようとは思っておりません。
何故なら、既存の BSRと比較して、どちらがご自分の使い方に適した機種なのかを選択してもらいたいからです。

なので、一向に話しが前に進んでおりませんが、お許しください。

c0210599_241103.gif
↑ こちらが既存の BSR ( 仮称: BSR-NM型とする )

...という事で、購入をご検討中の方には大変ご迷惑をお掛けしますが、SH型の全貌が明らかになるまで、もうしばらくお待ちくださいませ。。

( 撮影スタイルによっては、新型よりも既存の機種をお勧めします。)


 ◎ さて、どんなモノが出来上がるのか?… BSR-SH型の完成製品写真は近日公開です!







当ブログ お勧め商品 □□□ ※ 39medakaの お気に入り商品をご紹介します☆


EPSON MAXART PX-5002 の価格を見る
( A2・半切用紙対応 / K3インク搭載 / 8色顔料インク / 自作トレイで DVDレーベル印刷も可能♪ )
ミラーレス一眼の撮り方BOOK
( E'CRAN所属の cabyさんが BOOKを出版。カメラ好き女子必見のフォトテクニックが満載です♪ )
新型 Wixey WR365 の価格を見る
( 0.1°分解能 デジタル水準器 / デットレベルが設定済み. / ディスプレイ可動式. / 単四電池x2本 )

猫タワーの価格を見る
( Mikeの使用しているタイプとは異なりますが、価格が手頃で大きさも丁度良い感じです. )
Canon オフカメラシューコード OC-E3の価格を見る
( カメラからスピードライトを離して使用する為の Canon純正のストロボ延長コード. )
The Winking Owl Deep River( 群馬県高崎市を拠点に活動している女性ボーカルロックバンド. )
IR 76フィルター の価格を見る ( 手軽に赤外線写真が撮影出来ます )
Wixey の価格を見る ( 0.1°分解能 デジタル角度計 )
LPL ツインシューブラケット L2493-1 ( BSR D-type を作るなら、これがお勧めです )
USB-MBM5 の価格を見る ( エレコム製 L型 USBケーブル )
LP1000 の価格を見る ( 目から鱗! ワニ型のユニークな電動チェーンソー )
油圧フロアジャッキ の価格を見る ( 素早くタイヤ交換が可能 )
BSG モーラタイプ M型
( クリップオンストロボに取り付けて使用するライティングヘッド。ただし生産希少品 )



[PR]
by 39medaka | 2014-03-19 07:57 | 機材 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://exben.exblog.jp/tb/21853137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by naoko_photo01 at 2014-03-26 10:36
すごく美しい仕上げですね!!
Commented by 39medaka at 2014-03-27 04:43
naoko_photo01さま、有り難う御座います。

今回、BSRの機能に " 柔軟性 " がプラスされました。
( 何の機能がプラスされたのか予測できるかもしれませんが、今の段階ではまだ詳細は秘密です。)
その柔軟性が、注文主様の求める仕様に合致しているのかどうか、実際に現物で「 確認 」する作業に入ったという事です。

ではなぜ、まだテスト段階であるにも関わらず、アルミ表面をヘアラインに磨き上げ、更に、ツヤ消し調の黒色アルマイト加工という高品位な仕上げ方法を選択したのでしょうか?
理由はただ一つ!
設計後のバーチャル・シミュレーション結果が良好だったからに他なりません。
つまり、設計に自信があるからです。

万一、試作品( ダミー品 )での確認で、希望のスペックを一つでもクリアできないヶ所が見つかれば、それは一瞬にゴミと化し、踏みつける事も出来ない硬い金属のクズとなるでしょう...
しかし、計算通りの性能を有する製品に仕上がっていると検証できれば、この試作品は「 私の新しい機材 」として、直ぐに実践に投入されます。

だからこそ、仕上げの美しさに こだわったのです。
さて、検証結果がどうなのか、その一部始終は近日公開となります...
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< なんでんかんでん。高崎店を偵察... EOS ACアダプターの修理 >>